カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

松永農場の紹介

水と緑に囲まれた自然豊かな旭志の里に
松永農場はあります。

農場風景

松永養豚場です。
広大な敷地の中に1400頭もの豚を飼育しています。
けして大規模とは言えませんが、家族経営で大量生産に走るのではなく、
最高の豚肉を求め丁重で質の高い仕事を心がけています。

豚舎風景1

※生後6ヶ月で出荷前の肉豚です。

豚舎風景2

※のんびりとした時間の中で、すくすくと育っています。

堆肥舎

※堆肥は農場内のハウスにより天日でゆっくり乾燥させ、良質な肥料になります。

肥料

※肥料は袋に詰めて、販売もしています。1袋 (200円)です

大根ねぎ

※豚の堆肥で出来た肥料は土に還元され、野菜作りに活用されます。

スタッフスタッフ

手造りハム工房で加工に携わるスタッフ一同の写真です。

全員ではありませんが取り合えず・・(^_^;)

※お客様に喜んで頂ける様、真心込めて安心出来る商品を造り続けていきます。

ソーセージの製造工程

ウインナーソーセージの出来上がるまで

製造工程1

1、すくすく育った元気な豚の中から厳選した肉を選び
ハム・ウインナーに使用します。

製造工程2

2、各部にカットしている風景です。腕の部分を整形しています。

骨抜きって結構大変です・・。(^_^;)

製造工程3

3、部分肉にカットされました。ロース(右)、バラ(左上)、ウインナー用(左下)です。
それを天然ミネラル塩を使い塩セキします。

↓ 

製造工程4

4、漬け込み数日後、ブロック状の肉をミンチ(荒引き)にして、
肉と香辛料をミキサーに入れ混ぜ合わせます。

製造工程5

5、混ぜ合わせた肉を充填機に入れ、羊腸へと丁重に詰めて
行きます。

↓ 

製造工程6

6、一本一本丁寧に捻じっていき、この時点で
ウインナーの原形は出来上がりです。この後、乾燥へと移って行きます。

製造工程7

7、是から乾燥・燻煙の工程に入っていきます。
炭火で、じっくり時間をかけ乾燥後、桜の木でシッカリと燻します。

製造工程8

8、乾燥・燻煙を終え、その後ボイルへと移行します。

ボイル後冷却し、ウインナーの出来上がりです。ヾ(*⌒-⌒)ノ

旭志の紹介

旭志

熊本県菊池郡旭志村にある鞍岳(1,119m)は、『馬の鞍のようにみえる』ことからその名が付いています。
山頂からは、東に阿蘇五岳、北に久重連峰、西に熊本平野、視界が良い時は遠く有明海や雲仙も見渡せ、
360度のすばらしいパノラマが広がります。

ホタル3ホタル2ホタル

★毎年5月中旬から6月中旬頃にかけてホタルの乱舞を楽しむことができます。

源氏ホタルとヒメボタルを見ることが出来ます。

【旭志のイベント】

ホタルフェスタ←ホタルフェスタ風景

★5月下旬 ホタルフェスタ

★8月下旬
四季の里夏祭り:倉岳にある四季の里旭志で開催されます

★10月上旬
コスモス祭り:道の駅 旭志『ふれあいセンター』にて行われています。

ページトップへ